2022年07月26日のバージョンアップ情報

  • SiTECH 3D

    • バージョン:11.10.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・転圧管理(編集)において座標出力の仕様を変更

      まき出し層によってエリアが分かれる場合、エリアごと一筆書きで結線するように端部座標を出力します。
      (プレビューに結線イメージが表示されます。)

      ・転圧管理コマンドで作成した複数層の端部座標を一括出力できるよう対応

  • SiTE-Scope

    • バージョン:7.00.01 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・点高法の土量計算の出力帳票について、表や凡例などの一部表記がおかしかった現象を修正

      ・出来形評価結果が無い状態でKENTEM-CONNECT出力すると、【出来形】という空のツリーができてしまう現象を修正

  • 快測ナビ

    • バージョン:6.51.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・【Adv版】ソフトバンクの位置情報サービス(ichimill)の、「地殻変動量補正あり」のマウントポイントに対応

      地殻変動量補正が考慮された、以下のマウントポイントも使用可能になりました。
      ・31NHS
      ・32M4NHS
      ・32M5NHS
      ・32M7NHS

      ・【Adv版】「3D構造物測設」や「どこでもスライス」の3Dビューで表示される座標を、測量座標系で表示するように変更

      ・【Adv版】Surfaceエディターで新たに+ボタンで追加したときに、アプリが終了してしまう場合がある現象を修正

      ・【Adv版】どこでもスライスにて、平面や平面+縦断のみの路線基準でスライスすると、任意測点名を指定してのロックができない現象を修正

保守会員さまへ
最新版の入手方法については下記をご確認ください。
  • ・最新のソフト入手方法
  • ・保守会員とは
  • 更新作業予定日時
    11/30(水)
    更新完了
    ※上記時間帯は自動アップデートおよび最新ソフトダウンロードをご利用いただけません。
    ※予定時間は前後する可能性がございます。

    過去のバージョンアップ情報