2020年10月28日のバージョンアップ情報

  • 遠隔臨場 SiteLive

    • バージョン:1.00.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・新製品「遠隔臨場SiteLive」リリース

      遠隔臨場 SiteLive イメージ


      【遠隔臨場 SiteLiveの特徴】
      「遠隔臨場 SiteLive」は、建設現場の遠隔臨場に特化した撮影・配信システムです。
      これまで監督職員が現地にて立ち会いのもと行っていた臨場確認に代わり、映像データを用いて発注者の事務所と現場をリアルタイムに接続し、発注者が承認・確認することができます。
      さらに、遠隔臨場の対象である「材料確認」「段階確認」「確認・立会」の各検査項目が管理できるので、受発注者双方の確認・管理が容易です。
      これにより、受注者側の立ち会い調整時間の削減、発注者の移動時間削減などを実現し、受注者・発注者双方の生産性を飛躍的にアップします。


      【各アプリケーションの連携】
      ・KSデータバンク:検査時の録画データを自動保存します。
      ・SiteBox:電子小黒板を転送し、配信先画面で電子小黒板を確認しながら検査できます。
      ・工事情報共有システム:遠隔臨場の予約や、検査結果を発議書類に反映することができます。


      ※「遠隔臨場 SiteLive」のご利用には、「KSデータバンク」のご導入が必須となります。
      ※電子小黒板を配信先画面に表示させるには、「SiteBox」のご契約が必要です。
      ※検査結果の発議書類への反映等は、「工事情報共有システム」のご契約が必要です。

  • SiteBox 配筋検査

    • バージョン:1.00.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・新製品「SiteBox 配筋検査」リリース

      SiteBox 配筋検査 イメージ


      【SiteBox 配筋検査の特徴】
      「SiteBox 配筋検査」は、工事写真のレイヤー化に対応したアプリケーションです。撮影した写真上に電子小黒板を配置したり、仮想のマーカーを設置する「電子マーカー」等の注釈を、スマホ上で各レイヤーに分けて設定し、1つのSVG形式のファイルとして保存することができます。
      これにより、従来の配筋検査における工事写真撮影で必須であった、黒板への設計情報の記入や、鉄筋種別ごとの物理的マーカーの設置・回収作業が不要になり、業務効率の向上に貢献します。
      さらに、「出来形管理システム[配筋検査]」を活用することで、配筋検査の設計情報の準備の効率化、出来形管理図の自動作成にも対応し、配筋検査全体の作業効率を飛躍的にアップします。


      ※「SiteBox 配筋検査」のご利用には、「SiteBox 出来形・品質・写真」「KSデータバンク」のご導入が必須となります。

  • 出来形管理システム[配筋検査]

    • バージョン:1.00.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・新製品「出来形管理システム[配筋検査]」リリース

      出来形管理システム[配筋検査]イメージ


      【出来形管理システム[配筋検査]】
      「出来形管理システム[配筋検査]」は、鉄筋質量表から『鉄筋番号』『径』『本数』等の設計情報を自動取り込みできます。取り込んだ設計情報をマスター登録し、「SiteBox」へ取り込むことで、現場での入力作業を最小限に抑えることができます。
      さらに、「SiteBox」で入力した実測値などのデータを取り込むだけで、出来形帳票を自動で作成することができます。


      ※「出来形管理システム[配筋検査]」のご利用には、「出来形管理システム」のご導入が必須となります。

  • デキスパート基本部

    • バージョン:6.20.00 バージョンアップ情報の詳細


      ・【デキスパート インストールツール】画面サイズがデキスパートの動作基準より小さい場合でもインストールできるように対応

      ・【デキスパート インストールツール】Officeのストアアプリ版がインストールされている場合に、Q&Aのリンクを表示

      ストア版のExcelがインストールされている場合に、メッセージとともにQ&Aへのリンクを表示するように変更します。

      ・【デキスパート インストールツール】インストールDVDからインストール時に、ソフト自動選択とキーコードのダウンロードができるように対応

      インストールDVDからインストールを行う時に、所有するアプリケーション一覧の自動チェックとキーコードダウンロードを自動で行うように対応します。
      ※インターネットに接続する必要があります。

  • A納図[A-NOTE]

  • 電子納品支援システム[土木版]

  • 電子納品検査システム

    • バージョン:5.43.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・データチェックでSVG形式の写真の信憑性確認が行えるように対応

      データチェックでSVG形式の写真の信憑性確認が行えるように対応します。
      また、「小黒板電子化アプリで撮影された写真の改竄チェックを行う」にチェックを付けた場合、「重複している写真」のチェックが行われるようになります。
      ※写真の重複チェックの対象となるのはJPEG、SVGのファイル形式のみです。

      ・基準・要領(案)を追加

      詳細は、以下をご確認ください。
      10月リリース 保守サービス アップデート情報詳細(PDF)

  • 電子納品支援システム[機械設備版]

  • 電子納品支援システム[営繕版]

  • 電子納品支援システム[簡易形式版]

  • 出来形管理システム

  • 写管屋

    • バージョン:7.55.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・SiteBoxを契約していなくても、分類ツリーを写管屋クラウドへ転送できるように対応

      ・[SiteBox/クラウド]タブ→[転送]をクリック。

      ・データチェック、取り込み時のチェックでSVG形式の写真の信憑性確認が行えるように対応

      データチェック、取り込み時のチェックでSVG形式の写真の信憑性確認が行えるように対応します。
      また、「小黒板電子化アプリで撮影した写真の画像加工検知を行う」にチェックを付けた場合、「重複している写真」のチェックが行われるようになります。
      出力時には、従来の画像加工検知結果と合わせて結果保存ができます。
      ※写真の重複チェックの対象となるのはJPEG、SVGのファイル形式のみです。

      ・一度にクラウドへ転送できる分類数の上限を5,000に変更

  • 写管屋XMLビューア

    • バージョン:7.08.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・改竄された写真の絞込でSVG形式の写真の信憑性確認が行えるように対応

      改竄された写真(小黒板電子化)の絞込でSVG形式の写真も絞込対象とするよう対応します。
      また、絞込の条件に「重複した写真」を指定できるようになります。
      ※重複した写真の絞込の対象となるのは、JPEG、SVGのファイル形式のみです。

      ・デジタル写真管理情報基準令和2年3月で取り込み可能になったファイル形式に対応

      デジタル写真管理情報基準令和2年3月で取り込み可能になった、SVG、TIF, TIFF、MP4の取り込みに対応します。

      ・基準・要領(案)を追加

      詳細は、以下をご確認ください。
      10月リリース 保守サービス アップデート情報詳細(PDF)

  • 現場大将

  • 縦・横断図作成

  • 情報化施工(TS出来形)サポートツール

  • オーバーレイシステム

  • 品質管理システム[アスファルト・土質]

  • 品質管理システム[コンクリート]

  • デキセル

  • 施工計画書作成支援システム

  • 安全管理サイガード

  • 保守サービス

    • バージョンアップ情報の詳細


      ・下記保守サービスを追加・更新

      ・施工管理基準 - 出来形管理システム 施工管理基準マスター
      ・要領/基準
      ・工事帳票(出来形管理) - 出来形管理帳票
      ・工事帳票(テンプレート) - 工事帳票テンプレート
      ・工事帳票(施工計画書) - 施工計画書マスター
      ・工事帳票(安全管理) - 安全管理施工体制台帳
      ・工事帳票(品質管理) - 品質管理システム[コンクリート][アスファルト・土質]テンプレート書式


      詳細は、以下をご確認ください。
      10月リリース 保守サービス アップデート情報詳細(PDF)

  • SiTECH 3D

    • バージョン:9.30.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・参照図面の計測コマンドに「2点間距離(延長)」を搭載

      指定した2点の延長点までの点間距離を計測できるようになります。
      操作イメージは、以下リンクより動画でご確認いただけます。
      https://www.kentem.jp/qa/sitech153/

      ・形状複写コマンドの横断プレビューから表示されるポップアップメニューに「複写対象の計画層」の選択を追加

  • SiTE-Scope

    • バージョン:5.10.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・国土交通省の令和2年4月の出来形管理要領(舗装)に対応

      舗装工(道路)では、路面切削工と切削オーバレイ工の出来形に対応する。
      舗装工(河川)では、路面切削工の出来形に対応する。

      ・設計データ面の法線方向に対しての点群離れを計測できるように対応

      [表示・計測]タブ →[計測]→[法線抽出]をクリック。

      ・道のり長を計測できるように対応

      [表示・計測]タブ →[計測]→[道のり]をクリック、または右クリック[計測]→[道のり]をクリック。

  • SiteBox

    • バージョン:2.18.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・配筋検査用写真(SVG形式)を撮影できるように対応

      ※配筋検査オプションから写真撮影を行う場合のみの機能です。

      ・「SiteBox」で作成した黒板を画像として「遠隔臨場 SiteLive」に送る機能を追加(iOSのみ)

      ・iPhone Xの画面サイズに対応

      iPhone XやiPhone 11など、ノッチ付きの端末の画面サイズに対応します。

  • KSデータバンク

  • 写管屋クラウド

    • バージョン:2.51.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・写真タイトルの並べ替えに対応

      ・[並べ替え]→[写真タイトル]をクリック。

      ・複数条件での並べ替えに対応

      ・[並べ替え]→[詳細]をクリック。

      ・写真のコピー・貼り付けに対応

      ・写真を右クリックし、[写真のコピー]または[写真の貼り付け]をクリック。

  • 工事情報共有システム

    • バージョン:1.36.00 製品情報 バージョンアップ情報の詳細


      ・「遠隔臨場 SiteLive」との連携に対応

      「遠隔臨場 SiteLive」で登録した検査結果を、「工事情報共有システム」と連携して発議書類に反映することができるようになります。(国土交通省と秋田県の工事のみ)

  • 工事実績DB

保守会員さまへ
最新版の入手方法については下記をご確認ください。
  • ・最新のソフト入手方法
  • ・保守会員とは
  • 更新作業予定日時
    08/31(水)
    更新完了
    ※上記時間帯は自動アップデートおよび最新ソフトダウンロードをご利用いただけません。
    ※予定時間は前後する可能性がございます。

    過去のバージョンアップ情報