SiTECH 3Dのバージョンアップ情報

・路線データ毎に関連する参照図面を割り当てできる機能を搭載

路線データ毎に参照図面の割り当てができるようになります。
路線リンク図面の表示ON・OFFで参照図面画面に表示する図面の切り替えが可能です。

・横断属性設定にテンプレート取込み機能を搭載

・横断セット作成後、横断種別テンプレート取込みのメッセージを表示するよう対応

・計画層の作成、編集時に、計画層名称に横断種別の名称を参照できるに対応

計画層名称欄のプルダウンから、横断種別名のリストを表示し参照できます。

・「計画層の配置」コマンド実行時、「配置する構築形状の基準点」と「配置先の基準点」の指示ができる状態で起動するよう変更

・折れ点測点の横断方向上に「前区間の幅員」と「次区間の幅員」の交点が存在しない場合は、幅員を計算しないよう変更

・TS出来形設定・土量計算にて、OKボタンで終了した場合、カレント測点・カレント構築形状を本体側に同期するよう対応

・ベース図配置時、ベース図の測点名から配置測点選択を自動認識する精度を向上

・横断プレビューのツールバーに「表示:転圧管理表示」を搭載

・3Dビュー/計測/座標において、XYZ座標をクリップボードへコピーする際に、カンマ区切り・タブ区切りを選択できるよう対応

・基本設計XML出力時に、路線名の末尾に空白が存在している場合は除去して出力するよう変更

・横断が中心線形に直交しないデータのときは、必ず「全ての横断面を出力(管理断面以外も含む)」するように変更

基本設計XML出力時、横断が中心線形に直交しないデータのときは「全ての横断面を出力(管理断面以外も含む)」のチェックがOFFでも出力します。

・【Studio】面コマンドにおいて、コマンド起動時に描画モードを「シェード+フレーム」に切り替えるように変更

・「断面変化点作成」コマンドで計算範囲外の測点を作成できてしまう現象を修正

・構築形状(現況)が存在するデータでTS出来形設定を起動したときに、工種が異なるのに構成点接続されてしまう場合がある現象を修正

・横断測点削除時に「平面線形上の同一点も削除する」を選択しても、平面線形の任意点が削除されない場合がある現象を修正

・現況交点が存在しているデータにおいて、「断面変化点作成」の端部移動が正常に動作しない現象を修正

・TS出来形設定で現況交点が存在する測点をカレントにして、出来形管理タブの一括複写を実行するとSiTECH 3Dが終了してしまう現象を修正

・TS出来形設定の3Dビューの複数表示を「カレントの構築形状」にしたときに、TS出来形設定のカレント構築形状を参照するよう修正

・横断測点が追加、または離れ・比高が変更された場合、縦断プレビューを更新するよう修正

・縦断図作成の縦断表帯にブレーキ設定を考慮した測点名が描画されない場合がある現象を修正

・予期しない形式のファイルを、SiTECH 3Dのウィンドウにドラッグアンドドロップしたときに開く処理をしないよう修正

最新バージョン
13.00.00
最新リリース日
2024.06.25

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください