SiTECH 3Dのバージョンアップ情報

・転圧管理データを一括作成・出力するコマンドを搭載

転圧管理のまき出し層作成、編集機能を実装します。
本機能は指定した構築形状の領域を自動算出し、一括で指定した厚さでまき出し層を作成します。

・形状複写の「前後の測点から断面補間」コマンドを「指定測点から断面補間」にリニューアル

「前後の測点から断面補間」を「指定測点から断面補間」へリニューアルします。
今まで計算元となる測点は複写先測点の前後測点でしたが、前後の任意測点を選択できるように変更します。

・ベース図の配置中に横断測点を作成できるよう対応

・参照図面/横断プレビューの右ダブルクリックメニューの内容を改定

・測点作成コマンド、断面変化点作成コマンドのリニューアルに対応

測点作成は測点(センター点のみ)の作成に変更し、断面変化点作成は「他測点から複写」や「指定測点から断面補間」から断面形状を作成できるようにします。

・現況層作成時にサーフェスから断面を作成できるよう対応

・計画追尾(プレビュー)を実行したときに、センターの離れ・比高を自動入力するよう対応

・「計画追尾」コマンド実行時に、カレント構築形状の名称を解析して横断種別を自動設定するよう対応

・平面路線の並べ替えに対応

・逆幅杭計算で取得した「X座標」「Y座標」「計画高」を座標管理に登録できるよう対応

・参照図面の図面編集(Draw-Edit)に、図枠とトンボを作図する機能を搭載

・前のバージョンから「最近使用したドキュメント」情報を取得するよう対応

・横断の入力ビューに「横断属性設定」ボタンを搭載

・「離れ・比高編集」コマンドの「取得対象の選択」について、右ダブルクリックメニューから起動した場合は、参照図面/横断プレビューを自動判別して設定するよう対応

・土量計算の横断プレビューにガイド機能を搭載

・ガイドで、指定した2点の方向に距離点を配置できるよう対応

・「LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準(案)Ver.1.4」の入出力に対応

・基本設計XML/GTR/快測ナビデータパッケージ出力において、計画高が未入力の横断測点は出力しないよう対応

・快測ナビデータパッケージ出力の路線データ選択時、構築物情報の自動設定メッセージを表示しないよう変更

・形状複写において複写対象の選択コマンド(両方・左側・右側)を拡張設定に統一するように変更

・縦断変化点、勾配/拡幅変化点の測点の場合、測点名2に「縦断変化点」、「勾配/拡幅変化点」と項目名を表記するように対応

・LandXML出力の面の端点伸縮について、河川モードの路線データは上流から下流を見た方向で左右を判定するよう変更

・平面・縦断データの変更後、横断タブへ移動したときに「横断設定の編集」を自動起動するよう対応

・3Dビューで平面線形未計算のデータを選択してカレントを切替えた場合、切替えを止めるよう対応

・縦断プレビューに表示されるカレント測点の位置を示す縦線について、カレント構築形状を変更した場合も表示を保持するよう対応

・ファイルビューア出力で出力される「はじめにお読みください.txt」を更新

・リモートサポート(TeamViewer)を最新版(2022月5日時点)に更新


セキュリティ向上のため、リモートサポート用ファイル(TeamViewer)を更新します。
・デフォルトでのパスワードが半角英数 6桁になります。(英語は小文字)


・「計画層の配置」コマンドで、設定していた横断種別が変わった状態で取り込まれてしまう場合がある事象を修正

・形状作図コマンドの配置位置、土量計算/TS出来形設定のベース図表示において、ベース図配置で2軸指定した線形基準点を考慮するよう修正

・形状照査コマンドの「ベース図の配置情報を使用して自動照査」において、センターの離れ・比高を考慮するよう修正

・図面編集(Draw-Edit)の、ガイドと朱書きの設定が同期している問題を修正

・参照図面のGoogleEarth出力において、点(マーカ)要素がシートの縮尺を考慮して出力されるよう修正

・参照図面/横断プレビューで「スナップ有効」をOFFしたときに「文字基準点」が無効化されない事象を修正

・縦断タブの勾配/拡幅量の入力欄で「線形計算結果一覧から取得」を実行すると、縦断変化点データの一部が欠落してしまう場合がある事象を修正

・基本設計データ(国土交通省Ver2.0)を設定している路線データを、「施工データ変換」しても路線複写されない事象を修正

・複数路線データが登録されているLandXMLを読み込んだときに、路線設定に不正な計算開始点名が入力されてしまう場合がある事象を修正

・「横断が中心線形に直交しない」路線データで、平面で削除した測点が横断に残ってしまう場合がある事象を修正

・ブレーキ設定にマイナス測点を登録した場合、マイナス測点区間において、計算実行時に設定した計算間隔の測点が計算されない事象を修正

・「横断が中心線形に直交しない」路線データにおいて、新規横断設定の「1点目は縦断タブの計算結果(勾配/幅員)を連動する」がグレーアウトしていない事象を修正

・横断図作成で初期化を実行したときに、出力要素タブの計画層の表示状態が初期化されない事象を修正

最新バージョン
13.00.00
最新リリース日
2024.06.25

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください