SiTECH 3Dのバージョンアップ情報

・図面編集「Draw-Edit」にガイド機能を搭載

Draw-Editにガイド線、ガイド点の機能を搭載します。
ガイド機能で作図した要素は「自動生成レイヤ(ガイド:線)」、「自動生成レイヤ(ガイド:点)」のレイヤへ書き込みされます。

・離れ・比高編集にて選択モードの初期値を「横断プレビュー」に変更

・横断プレビューと各機能の「ベース図表示」状態を連動するように変更

・TS出来形設定起動時に参照図面のベース図連動を解除し、TS出来形設定終了時に元の状態に戻すように仕様変更

・縦断タブの半自動抽出/測点コマンド実行時、登録先にデータが存在する場合は上書き確認メッセージを表示するよう対応

・他測点から複写/一括複写/離れ・比高一括設定の選択状態の初期値を変更

・TSXML(横断が中心線形が直交しない)入力時の横断方向角の算出精度の向上

・基本設計XMLファイルに出力する横断構成点データの数値変換処理を変更

・【Studio】図面のワークスペースを選択中に、コマンド起動した際に表示されるメッセージを改定

・特定のデータにおいてTOPCON TP3出力(杭ナビショベル・TS用)を行うとSiTECHが強制終了する現象を修正

最新バージョン
13.00.00
最新リリース日
2024.06.25

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください