SiTECH 3Dのバージョンアップ情報

・快測ナビデータパッケージ出力の路線データ出力において、3Dビューの区間表示で設定している測点区間の横断データを出力できるよう対応

・形状編集(プレビュー)を実行時に、カレント構築形状のセンター位置を自動認識するよう対応

・横断プレビューの計測(標高H)の計測結果にX,Y座標を表示するように対応

・横断プレビューの拡大率を継承して、離れ・比高一括設定を起動するよう変更

・離れ・比高編集と離れ・比高一括設定のマウスヒント表示(基準点)を変更

・3D表示設定の「しきい値」の説明文を変更

・【Studio】表示設定から「点群/色を有効にする」を削除

・ファイル名または保存先フォルダ名に機種依存文字を使用しているtsxファイルで、一時保存データを作成後にtsx保存すると保存元フォルダ内のファイルを削除してしまう現象を修正

・特定のデータにおいて、新規横断セット作成時に道路中心線形名称を「新規路線」から「新規路線(1)」へ切り替えて「OK」で閉じるとSiTECHが強制終了される現象を修正

・計画層の配置で、設定していた種別とは別の種別が割り当たって取り込まれてしまう場合がある現象を修正

・計画伸縮(Surface)一括を実行した後に、横断測点の切り替えをするとエラー表示される場合がある現象を修正

・横断プレビューでSHIFTキーを押しながら現況の構築形状を選択してカレント切り替えすると、SiTECH3Dが強制終了する現象を修正

・基本設計XML出力時に、横断構成の種別が未設定のものをエラーとしてチェックしない現象を修正

・LandXML出力(3次元設計データ交換標準(案)形式/路線)で、横断データが正しく出力されない場合がある現象を修正

・「横断が中心線形に直交しない」データで、平面で測点を削除しても横断測点が残ってしまう場合がある現象を修正

・「横断が中心線形に直交しない」路線にて、測点を挿入して中心X座標/中心Y座標を入力すると強制終了してしまう現象を修正

・縦断データと横断データで非重複区間が存在する場合、縦断変化点の1点目に行を挿入するとSiTECH 3Dが終了してしまう現象を修正

・【Studio】特定のSiTECHデータ(tsxファイル)を取り込むと「新規横断設定」ダイアログが表示され、ワークスペース作成後に強制終了してしまう現象を修正

・【Studio】座標SIMA/CSV出力で、全ての構成点が標高0.000で出力されてしまう現象を修正

最新バージョン
13.00.00
最新リリース日
2024.06.25

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください