SiTECH 3Dのバージョンアップ情報

・図面編集機能「Draw-Edit」の搭載

3D施工データ作成時に行う簡易な図面の編集・修正が「SiTECH 3D」で可能となり、作業効率が格段に向上します

・ベース図配置のインターフェース、操作仕様の変更

ベース図配置作業を確実なものとするため自動認識が撤廃されます
新規作成~配置測点の割り当てまで一連の流れで配置ができるように仕様が変更されます

・「SiTE-NEXUS」に必要なデータのパッケージ出力機能を追加

出力時に確認する3Dビューで表示されている状態を、「サーフェス(面)」と「ライン(線)」のデータとして出力できるようになります。

・[アプリケーションメニュー]→[INNOSiTEファイル出力]→[SiTE-NEXUSデータパッケージ出力]をクリック。

・離れ・比高編集(横断プレビュー)する場合、離れ・比高の基準点は平面、縦断の計画基準、ベース図配置時はベース図配置基準点を自動指定するように変更

「離れ・比高編集(横断プレビュー)」時の基準点を自動指定するように変更
ベース図配置も行うことで、3D施工データ作成の作業効率が向上されます

・ベース図配置完了時、横断プレビューの「ズーム:全体」を実行するように変更

・ベース図配置後に参照図面で対象要素の要素削除をしたら、横断プレビューのベース図にも反映するよう変更

・各機能のプレビューにある「ベース図表示」を横断プレビューと連動しないように変更

・横断プレビューの計測に2点間距離(延長)、標高を搭載

・横断設定の編集の測点選択において、測点を複数選択できるようにに対応

・計画追尾、形状編集時の形状指定モードの並びを変更

・参照図面、横断プレビューにおける、右ダブルクリックのポップアップメニューの表示を改定

・W断面作成時に複写する構築形状を選択できるように変更

・構築形状の並べ替えを複数選択できるように変更

・構築形状複写を行ったら3Dビューを再構築するように変更

・構築形状配置(既存構築形状取り込み)実行後、取り込み構築形状の接続初期化を行うように変更

・横断構成点確認で複数構築形状表示する際の並び順を変更

・参照図面の図面ファイル名称変更に対応

・新規作成時の「図面属性設定」画面から「全自動抽出を実行」を除外

・TOPCON社のTP3出力(GNSS用)機能を搭載

・Site-Scope(LandXML)出力時に3Dビューに見えている要素のみ出力対象にするよう変更

・特定のデータにおいてSiTECH 3D Studioに転送するとSiTECH 3Dが終了してしまう現象を修正

・平面にて、カーブ要素情報が未入力の状態で「要素表示」を選択するとSiTECH 3Dが終了することがある現象を修正

・他測点から複写で、現況交点が存在する測点を複写元にした場合、縦断の計算結果(勾配)の連動が正常に動作しない現象を修正

・工事基準点にてCtrlキーを押しながら複数の範囲を選択しているときに、ソフトが終了してしまう場合がある現象を修正

・TS出来形設定の一括複写で、現況交点が存在する計画断面の横断種別が複写されない場合がある現象を修正

・特定の状況で「計画伸縮(Surface)-範囲」を実行すると、横断プレビューには断面形状が表示されるが、データ入力部に現況の値が表示されない現象を修正

・平面線形に複数の縦断線形を入力している路線をLandXML出力するとSiTECH 3Dが終了してしまう現象を修正

・横断セット名に半角の「%」が入力されている状態で「土量計算」に進むとSiTECH 3Dが終了してしまう場合がある現象を修正

・マイナス測点の路線データを基本設計XML出力すると、不正な追加距離情報が出力されてしまう場合がある現象を修正

・【Studio】SiTECH 3D StudioでLandXML(Surface)出力すると、「Project name="○○"」が書き込まれない不正なファイルができてしまう場合がある現象を修正

・【Studio】SiTECH 3D Studioの参照図面ウィンドウに図面を読み込むとソフトが終了してしまう現象を修正

・【Studio】tscファイルを開く際、ラスタファイルが削除や名称変更され参照先が無くなった場合にtscファイルが開けなくなる現象を修正

最新バージョン
13.00.00
最新リリース日
2024.06.25

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください