SiTECH 3Dのバージョンアップ情報

・自動保存できるファイル数を、最大5つまでに変更

・[設定]→[システム設定]をクリック。

・ベース図配置時に、図面から測点名を抽出する精度を向上

測点名の表記に大文字・小文字の混在や、カッコの中に測点名が表記された場合でも、測点として認識されるようになります。

・[横断]タブ → [ベース図]→[配置]をクリック。

・ベース図配置した参照図面の中で、測点を配置していない図面は削除できるように対応

・削除するベース図シートを選択し、[図面:閉じる]をクリック。

・形状複写で複写対象の計画層を選択する際、ドラッグで複数選択できるように対応

・[横断]タブ→[形状複写]→[他測点から複写][一括複写][離れ・比高一括複写]のいずれかをクリックし、[複写対象の計画層]をクリック。

・横断が中心線形に直交しないデータについて、TS出来形設定の交換標準形式の初期値を「国土交通省Ver4.0/4.1」に変更

※「国交省Ver2.0」「農林水産省Ver1.0」は、選択できません。

・[横断]タブ → [TS出来形設定]→ [TS出来形設定]をクリック。

・TeamViewer(リモートサポート)を更新

・ビューア出力時に、出力されたフォルダ内に格納される「はじめにお読みください.txt」を更新

・[アプリケーションメニュー]→[ファイルビューア出力]をクリック。

・特定のデータでTS出来形設定を起動すると、路線複写され横断データの存在しない横断セットが作成される場合がある現象を修正

・既存データで、平面線形の入力方法を「横断が中心線形に直行しない」から「IP法」に変更すると、「SiTECH 3D」が終了してしまう場合がある現象を修正

・LandXML出力でツリーの選択状態によっては、出力時に「SiTECH 3D」が終了してしまう場合がある現象を修正

最新バージョン
11.30.00
最新リリース日
2022.11.16

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください