SiTECH 3Dのバージョンアップ情報

・SiTE-Scopeから出力されたLandXML拡張の色付きサーフェスファイルに対応

・3Dビュー画面の[表示:設定]をクリックし、[サーフェスの色を有効にする]にチェック。

・「施工Revo」に必要なデータのパッケージ出力機能を追加

出力時に確認する3Dビューで表示されている状態を、「サーフェス(面)」と「ライン(線)」のデータとして出力できるようになります。

・[アプリケーションメニュー]→[ファイル出力]→[施工Revoデータパッケージ出力]をクリック。

・図面属性設定画面でファイル名に「断面」が含まれている図面を、横断属性に振り分けるように対応

※ファイル名に「平面」「縦断」と「断面」が混在している場合は、平面属性、縦断属性に振り分けられます。

・[新規作成]から[参照図面を開く]で図面を選択。

・円形の線上を等分割できるように対応

・参照図面のガイド画面内にある[等分割]をクリック。

・横断属性設定データファイルをエクスポートする際、出力する「種別」を選択できるように対応

※インポートする際も、種別を選択できるようになります。

・横断属性設定画面の[エクスポート]をクリック。

・ガイド線(垂線)作図時のスナップの仕様を変更

・形状編集で、構成点の判断精度を向上

・3Dビューのプロパティでカレント横断セットを設定した際に、構築形状(計画 / 現況)のカレントも変更できるように対応

・3Dビューのプロパティ画面内の[カレント横断セット・構築形状に設定]をクリック。

・複数路線のLandXML入出力に対応

・3Dビュー画面の[複数表示]に、[カレント横断セット上にある全構築形状][カレントの構築形状]の表示条件を追加

・3Dビュー画面の[複数表示]をクリック。

・横断属性設定からエクスポートした「横断属性設定データファイル」を、既存の横断セットでも取り込めるように対応

・[横断]タブで[種別]欄を選択し、右クリック→[横断属性設定]をクリックし、[インポート]をクリック。
・[横断セットを編集]→[編集]をクリックし、[横断属性設定]→[インポート]をクリック。

・横断ビュー画面で[Shift]キーを押しながらカレント構築形状以外の横断線をクリックすると、その構築形状をカレントに設定するように対応

・[Shift]キーを押しらながら、横断線をクリック。

・横断種別を一括設定した際に、データ未入力の最下行の種別が設定されないように対応

・逆幅杭計算の検索区間の仕様を変更

逆幅杭計算の検索区間が、「平面線形と縦断線形の両方で重複している区間」から、「平面線形で計算している区間」に変更になります。

・計画層を複写した際の、計画層名称の初期値を変更

計画層を複写した際の、計画層名称の初期値が「計画層」から「複写元の計画層名称(1)」になります。

・[横断]タブをクリックし、[計画]欄右の[編集]→[複写]をクリック。

・計画層の複写時に、離れオフセット量を入力できるように対応

・[横断]タブをクリックし、[計画]欄右の[編集]→[複写]をクリック。

・参照図面のスナップ「中点」の初期値をONに変更

・ベース図配置一覧の「追加距離」を「配置追加距離」に名称を変更

・[横断]タブをクリックし、[ベース図]→[配置]をクリック。

・3Dビューのモデルデータを、DWGファイルに出力できるように対応

・[アプリケーションメニュー]→[3Dビューファイル出力]→[DWG出力]をクリック。
・3Dビュー画面から[DWG出力]をクリック。

・読み取り専用データを開いている時に、リボンメニュー右端に【読み取り専用】と表示されるように対応

・すでにSiTECH 3Dで開いているファイルを、ダブルクリック。

・TS出来形設計で施工データを変更した際、構成点接続が初期化される場合は、路線複写されるように対応

・[横断]タブをクリックし、[TS出来形設定]→[TS出来形設定]をクリック。

・路線複写を行ったデータの計算状態を、複写元の計算状態と合わせるように対応

複写元が計算実行済の場合は、複写先も計算実行済になります。

・[平面]タブをクリックし、[平面線形]欄右の[編集]→[路線複写]をクリック。

・快測ナビデータパッケージ出力で、平面図選択時の要素数チェックの仕様を変更

選択した平面図の要素の表示/非表示に関係なく要素数をチェックしていましたが、表示されている要素数のみチェックするようになります。

・[システムメニュー]→[ファイル出力]→[快測ナビデータパッケージ出力]をクリック。

・ガイドが描画されたファイルを開き、ガイドの解除・全解除のみを行なった場合、ソフト終了時に保存の確認メッセージが表示されるように対応

・横断が中心線形に直交しないデータのTS出来形設定の初期値を「基本設計データ」に変更

※「3D施工データ(快測ナビパッケージ用)」は選択できないようになります。

・平面線形の計算範囲外になったブレーキポイントを、自動で削除されるように変更

・HASPドライバーVer 7.103に対応

・縦断の新規作成時に、既存の縦断を参照する設定にして作成すると、最下行にVCL0.000が入力された行が作成されてしまう場合がある現象を修正

・平面線形のクロソイド部分に横断測点を作成する際、マウス指示箇所の追加距離に横断測点が作成できない場合がある現象を修正

・土木計算の縦断点計算で、求めたい縦断測点までの距離がマイナス側の場合、勾配がプラスでもマイナスの比高で標高を計算してしまう場合がある現象を修正

・LandXMLファイルに複数の横断現況データが存在しても、1つの横断現況データしか読み込まない場合がある現象を修正

・追加読込みでLandXML(Surface)ファイルを読み込むと、ブレーキ設定している路線の横断測点の測点名が変更されてしまう場合がある現象を修正

・LandXML出力した垂直面のデータを取り込むと、垂直部分の面が欠落した状態で表示される場合がある現象を修正

・1点目に水平長0.000・比高0.000のデータがある状態で形状編集を行うと、計画断面データの左側と右側が逆に入力されてしまう場合がある現象を修正

・断面変化点作成で現況断面を作成しない設定にした際、採用する横断形状を前測点・次測点にすると現況断面が作成される場合がある現象を修正

・縮尺自動設定の作業が完了しない場合がある現象を修正

・左右1点目からセンター側に構成点追加をする場合、現況交点を跨ぐと追加できない場合がある現象を修正

・路線上に存在しない区間の横断セットが、内部的に残ってしまう場合がある現象を修正

・TS出来形設定にて接続(連続)を実行すると、強制終了してしまう場合がある現象を修正

最新バージョン
13.00.00
最新リリース日
2024.06.25

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください