快測ナビのバージョンアップ情報

・【Adv版】基準線に対する3D施工データをプランニング(簡易設計)する、基準線エディター機能を搭載

登録された座標値や観測した座標値を使用し、基準線( 路線) を作成できるようになります。
基準線に対して横断の構築形状を作成することで、事前にオフィスで3D施工データを作成しなくても、現場で簡易な3D施工データを作成できます。
令和4年度より適用されるICT 土工( 小規模施工)・床掘工・小規模土工・法面工に最適な機能です。

・[スマート施工]→[プランニングナビ]→[P-Line]をタップ
・[基準線エディター]をタップ
・+ボタンをタップしてデータを入力

・【Std版/Adv版 共通】どこでも法面機能を搭載

どこでもナビシリーズとして、法面整形の作業に適した数値表示がされるどこでも法面機能を搭載。
3D 施工データを活用し、観測位置と法面との離れをどこでも表示します。
法面との水平離れ/ 鉛直離れ/ 垂直離れを切り替えて確認することができます。
基準線エディターで作成した3D施工データも利用できます。

・[スマート施工]→[どこでもナビ]→[どこでも法面]をタップ
・プリズム高を入力して[OK]をタップし、表示・作業する構築形状を選択して[OK]をタップ

・【Std版/Adv版 共通】ニコン・トリンブル様のFOCUS50との接続に対応

ニコン・トリンブル様のトータルステーションFOCUS50との接続に対応します。
Autolockモデル(Bluetooth通信)と、Roboticモデル(無線機通信)のどちらも対応します。

・【Adv版】ネットワークRTKのJENOBAのマウントポイント選択で、Galileoを含むものに対応

新たに以下のマウントポイントに対応します。
[仮想点RTKデータ]
・JVR32E(GPS+GLO+QZS+GAL)
・JVR32L(GPS+GLO+GAL)
[電子基準点RTKデータ]
・JRR32E(GPS+GLO+QZS+GAL)
・JRR32L(GPS+GLO+GAL)

・【Std版/Adv版 共通】どこでも床掘のバケット線を、Front/Backに関わらず描画が反転しないように改良

・【Adv版】Surface出来形にて、路線データが無いと記録ができない不具合を修正

最新バージョン
6.97.00
最新リリース日
2023.12.19

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください