快測ナビのバージョンアップ情報

・【Std版/Adv版 共通】どこでも構造物機能を搭載

どこでもナビの機能をベースに、構造物設置に最適化した「どこでも構造物」機能を搭載。
視認性の高いレイアウトや大きさで情報を表示し、効率的な作業を支援します。
※本機能は自動追尾で接続した場合のみ使用可能です。

[スマート施工]→[どこでもナビ]→[どこでも構造物]をタップ。
プリズム高を入力して[OK]をタップし、表示・作業する構築形状を選択して[OK]をタップ。

・【Std版/Adv版 共通】どこでも床掘機能を搭載

どこでもナビの機能をベースに、重機による床掘作業に最適化した「どこでも床掘」機能を搭載。
視認性の高いレイアウトや大きさで情報を表示し、効率的な作業を支援します。
※本機能は自動追尾で接続した場合のみ使用可能です。

[スマート施工]→[どこでもナビ]→[どこでも床掘]をタップ。
プリズム高を入力して[OK]をタップし、表示・作業する構築形状を選択して[OK]をタップ。

・【Std版/Adv版 共通】構築形状選択画面にて、現在位置の構築形状だけにリストを絞り込む「付近」機能を搭載。

多数の構築形状を作成した3D施工データを取り扱う時に、作業する測点付近の形状だけに絞り込むことが可能となり構築形状の選択を容易にします。

構築形状選択画面にて[付近]をタップ。

・【Std版/Adv版 共通】パナソニックのタフブックFZ-A3にて、A2[記録]やA3[OK]などの動作に対応。

[設定・制限]→[タフブック設定]にて[タフブックの機能スイッチで以下の動作を行う]にチェックして[OK]をタップ。

・【Std版/Adv版 共通】過去の現場データを選択・取込するとき、アプリが落ちてしまう場合がある現象を修正

・【Std版/Adv版 共通】「横断放射観測(路線)」で、ビューモードを切り替えると強制終了してしまう場合がある現象を修正

最新バージョン
6.97.00
最新リリース日
2023.12.19

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください