快測ナビのバージョンアップ情報

・【Std版/Adv版 共通】任意座標で器械設置を行う「どこでも座標設置」機能を搭載

操作イメージは、以下リンクより動画でご確認いただけます。
https://www.kentem.jp/qa/navi063/

[器械設置]→[どこでも座標設置]→ 器械高を入力して[次へ]をタップ。器械の盛替え時の基準点として、2点以上の基準点を設置・記録してから[完了]をタップ。

・【Adv版】属性を付与して座標値を記録する「座標点観測」機能を搭載

Surfaceデータをプランニング(簡易設計)するための座標値を計測・記録できます。

[スマート施工]→[プランニングナビ]→[座標点観測]→ 属性を選択し[記録]をタップ。

・【Adv版】「Surfaceエディター」機能を搭載

座標点観測で記録した点を使い、Surface(面データ)を生成します。面の削除や辺の繋ぎ変え、点のオフセットなども可能です。

[スマート施工]→[プランニングナビ]→[Surfaceエディター]をタップ

・【Adv版】「標高ガイダンス」機能を搭載

Surface(面データ)との標高較差をリアルタイムに表示します。視認しやすい大きな文字やレベルゲージで較差をガイドします。

[スマート施工]→[プランニングナビ]→[標高ガイダンス]→ データを選択し[観測]をタップ。

・【Adv版】「Surfaceガイダンス」機能を搭載

Surface(面データ)との標高較差をリアルタイムに表示します。視認しやすい大きな文字やレベルゲージに加え、横断表示も可能です。

[スマート施工]→[プランニングナビ]→[Surfaceガイダンス]→ データを選択して[観測]をタップ。

・【Std版/Adv版 共通】トプコン社のTSshieldサービス終了に伴い、LN-150との通信時に、「デモモード」と表示されないように対応

最新バージョン
6.97.00
最新リリース日
2023.12.19

保守会員さまへ

最新版の入手方法については下記を
ご確認ください